一病息災



昨日はたんとの検査日でした。

朝いちで病院へ。





雷門もワクチンの時期だったので、一緒に。

いや、おやつ貰う場所ぢゃないからな。



検査の為に、何より大事なご飯を抜かされたたんとさん。

いや、帰れないから。



吠えたり、暴れたりはふたりともないんです。

たんとはドナドナモードに入るけど。

いつも平常心の雷門は・・・・・・・・・・。

病院のスタッフさんにはまた、「おとなしいのね(コギなのに・・・・・)」と言われ。
そんなにみんな狂暴なのか??


恐がることも無く、注射で緊張することも無く。

ゆるゆるあたまの真骨頂です。


↓注射後。


だ・か・ら、無いから。



結局、ねえさんの願いむなしく、お預かりでより詳しく見てもらうことに。



どんよりマックスのねえさん。






で、結果ですが、クッシングが疑われるのですが、さっくり云うと、

1.投薬してもしなくても、たんとの寿命等に特に影響しない。

2.投薬するならば、検査をマメにして(高額)、気をつけて投薬しないと、別の薬害性の病気を引き起こす恐れがある。

3・投薬治療前提でなければ、確定診断(高額)意味は無い。

と、まあ、こんな感じでした。
(若い子なら話は違ってきます。)

先生と結構長い時間色々色々・・・・話したけど、結局積極的な投薬治療のメリットが見いだせず。

現在、たんとが不快感も痛みも無く、QOLに影響しないなら、と確定診断はしない事にしました。

あ、あくまでも、たんとの場合だからね。


また不具合が出てきたら、その時にまた対処していったらいいし。

無病息災がいいけどね、

一病息災でぼちぼちいってね、たんちゃん。



・・・・・・・・・・・・あまり動きたがらない(若い時からだけど)のは関節のせいかと
調べてもらったら、きれいなものでした。
動くのが面倒なだけなのか???
演技ですか???
たんとを昔から知る犬友が「たんちゃん、女優だからなぁ。(つまりウソつき)」と。
確かに、そうだった。






病院二往復、あと、結果が出るまでの何とも言えない落着かない気持ち。

で、ほっとして、気が抜けて、疲れた~。



と、帰ろうとしたら、ご近所バニ、サニーちゃんにばったり。


サニーちゃん、ファイっ!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村
プロフィール

Author:コギ母
ヘタレキングコーギーの雷蔵、柴ミックスの姐さんたんと、そしてバタバタな毎日の中、細々と犬ボラ始めたデラックスなおばさんの日常。日々勉強中。

いつ里
フリーエリア
8週齢みんなで一つになろうキャンペーン
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ